人気ブログ応援お願いします  ブログ村 経営ブログ


エグゼクティブ・マネジメント・プログラム


エグゼクティブ・マネジメント・プログラム

東京大学は11日、企業などのリーダー候補生向けの社会人講座を10月から開講すると発表した。
国際的な場で議論を展開できる人材を育てる狙い。
半年間の受講料は600万円(入学金50万円含む)に上るが、
山田興一理事は「1時間あたり1万7千円程度で、海外のビジネススクールなどと比べて決して高くはない」という。

講座名は「エグゼクティブ・マネジメント・プログラム」。
期間は半年で、年に2回、10月と4月に開講する。
定員は25人程度。企業や官庁などの40代くらいの将来組織を担う人材で、
英語の講義も理解できる人が対象。公務員やNPO法人関係者などの場合は、受講料を安くする予定。

講義は毎週金・土曜日の午前9時〜午後8時すぎ。
講師は主に東大の教員と経営コンサルタントらがコンビを組む。
講義では議論を重視。「世界の経済・社会・政治」「生命科学、脳科学」など幅広い分野の最先端の知識や、
「経営理論および戦略的思考の変遷と課題」といったマネジメントの基本を身につけたうえで、
「説得力、交渉力」「思考法」など、それらを自在に使いこなす技能を習得する。
学位は取れないが、一定の条件をクリアすれば総長から修了証書が授与される。

東大の山田理事は
「企業の方々から、日本の国際的な地位の低下を防ぐためにこのような場を作ってほしいという声が数多く寄せられた。
東大が蓄積してきた知的資産をもとに海外のビジネススクールにはないような新しいプログラムを作っていきたい」と話している。

以上,アサヒニュースより引用

確かに,エリート候補を,海外留学させる費用に較べれば,格安ではありますね。
今までに,海外MBA等に匹敵するスクールが,日本に無いと言うことがそもそも問題だったのでしょうか。

数年前から,大前研一氏が,
ビジネスブレークスルーという大学院を開講されていますが,
MBAを初めとするコンサルティングスキルは,ビジネスを大きく成長させるには,
必要なものだと思います。

こういった動きが,どんどん加速し,国力の底上げになることは望ましいことです。

ただ,いくら海外留学より安いからとはいえ,
中小零細企業では,負担するには厳しい金額です。

大手の企業との格差は,広がる一方なのでしょうか...

かくいう私も英語が出来ない時点で,対象外です.

中小企業にもブローバル化の波の押し迫る中,
現状から少しでも成長して,人材育成にチカラを注げる体質作りが出来るように,
経営者の方と一緒に成長していきたいものです。
この記事へのコメント
たすけさん、こんにちは!

国立なんだからもっと安くして、国も金掛
けろよって思いますね!
戦闘機1台止めたら1000人は受講出来るぞ!

でも、こういう授業を大学でやってくれたら、
ちゃんと出席するんですよね!(笑)

テスト前に数日勉強したら点取れるような
勉強してたら誰も出席しませんよね!

えっ!出席しないのは私だけ?(汗)
Posted by 岡本達也のCFOなBlog at 2008年06月12日 13:11
岡本様

学生の頃勉強しなかったつけと
戦う日々です....

後悔先にたたず...なんて言いますが,
いくつになっても
『後悔後をたたず』...な生活です.

精進しなくては...
Posted by たすけ at 2008年06月13日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
超税理士倶楽部 たすけ として執筆中。 超税理士倶楽部ブログはこちら http://ameblo.jp/rainmakerdadao/ 人気ブログ応援お願いします  ブログ村 経営ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。