人気ブログ応援お願いします  ブログ村 経営ブログ


日本三大大佛!!


知らなかった。。。。


たまたま行った焼肉屋さんの近くに、兵庫大仏!!
という大仏がありました。

へぇ...こんなとこに大仏があるんやぁと軽く思っていたのですが、
ちょっと興味本位で調べて見ると


なんと!!!

日本三大大仏!!のひとつとか。。。


焼肉屋さんの返りの車の中で、

大仏っていったら、

奈良 と 鎌倉 しか知らんよなぁって話してたんですが、


なんと、

奈良、鎌倉、兵庫 で三大大仏だそうです。


ちょっと他の2つと知名度の差がありすぎません????


それとも知らなかったの僕だけでしょうか????


いやはや世の中知らん事ばっかりです。


ちなみに、せっかくなので兵庫大仏のご紹介!!

日本三大大佛・兵庫大仏
境内に鎮座する兵庫大仏(胎蔵界大日如来像・毘慮舎那仏)は伝統日本三大佛の一つで、身丈(像高)11m、重量約60t、蓮台高3m、台座高4m、総高18m
大仏座の下には永代祠堂があり、ここに安置されている十一面観世音菩薩立像は平安朝初期に作られた檜の一木造りで、滋賀県甲西町善水寺から請来したと伝えられ国の重要文化財に指定されています。

兵庫大仏は、兵庫港開港以来急速に増えたキリスト教信者に危機感を抱いた仏教徒らが、キリスト教に対抗して仏教徒のシンボルとなる大仏を建立したといわれています。

1891年(明治23年)豪商・南条荘兵衛の寄進により建立された初代の大仏は座高が8.5mでした。



兵庫大仏は1944年(昭和19年)第2次世界大戦の金属回収令で国に供出されましたが、大仏建立100年目の1991年(平成3年)再建されました。金属回収の際、大仏の胎内に納められていた胎内仏は供出されることなく保存され、大仏が再建されたとき再び胎内に納められました。

1991年(平成3年)5月9日に行われた2代目兵庫大仏の開眼法要には、比叡山天台座主を導師として、奈良東大寺の管長、鎌倉高徳院の管長らも臨席し盛大に行われました。2代目の大仏は神戸市の耐震基準によって設計されたため重心が低くなり初代の大仏とは少し面影が異なるそうです。



タグ:仏像 大佛 大仏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122469044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
超税理士倶楽部 たすけ として執筆中。 超税理士倶楽部ブログはこちら http://ameblo.jp/rainmakerdadao/ 人気ブログ応援お願いします  ブログ村 経営ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。