人気ブログ応援お願いします  ブログ村 経営ブログ


定額給付金反対???


最近なにかと話題の定額給付金配賦の件ですが、

マスコミが最近よく発表している反対!賛成!の割合本当でしょうか?

麻生内閣の支持率が低いのはわかりますが、
定額給付金にも過半数が反対しているとか。。。。


他に使い道があるやろー!!

という意見はわかりますが、その使い道が決まらないなら、
即効性のある対策としては、一理有り。。。。と思うのは私だけ???


まぁ、ぶっちゃけ何に使うと言っても、現在の麻生内閣では、
国民の過半数が反対!!という世論結果になるんでしょうけど。。


石原都知事が言ってましたが、

やるならさっさとやればいい!!

これ、当たりだと思います。


一家に数万円の給付があれば、それなりにみんな使いますよね???


消費がひえこんでるんだから、刺激薬にはなるって。。。


ということで、

もらったら何に使おうか考えてるんだから、

さっさと法案とうればいいのになぁ。。。。。


日本の景気のために、もらった額に上乗せして、

かみさんに プレゼントでも買いますよ。麻生さん。


はやく法案通過させてくださいね!!

税制論議大幅前倒し


税制論議大幅前倒し

 自民党税制調査会(津島雄二会長)は1日、党本部で総会を開き2009年度税制改正に向けた議論を始めた。
総会は例年秋以降に開催されており、大幅に前倒しした。
消費税の扱いや、道路特定財源の一般財源化が焦点。消費税率の引き上げについては09年度からの実施は難しい情勢で、将来の引き上げまでの道筋をどのように付けるかが議論の中心になりそうだ。
 ただ、次期衆院選が近づくにつれ、党内では消費税論議への反発が強まるとみられ、意見集約は難航が予想される。
 総会の冒頭、津島会長は「税体系の抜本的改革は、わが党がいろいろな機会に国民に公約してきたところだ」とあいさつし、消費税を含む税制抜本改革の実現に意欲を示した。
 消費税をめぐっては、福田康夫首相が6月23日、「(増税の是非は)総合的に考えるが、もう少し先の段階だ」と述べ、早期の税率引き上げに慎重姿勢を示した。税調内部でも同様の認識が広まっており、09年度からの実施を見送る代わりに、これからどのような段取りで引き上げを進めていくのか中長期的な構想を示す案が浮上している。
 道路特定財源については、暫定税率による上乗せ分を含め、現行の税率水準は維持する方向で調整に入る見通し。
一般財源化に合わせて、環境税の導入や自動車関係諸税の簡素化を進めていくかどうかも検討課題となりそうだ。

以上 時事通信より抜粋。



非常に結構なことです。
議論はどんどんやってください。

個人的には,
与党の山本一太参議院議員の
「無駄,垂れ流しを一掃して,国民の理解を得てからでないと増税できない!」
片山さつき衆議院議員も
「雑巾を最後の一滴まで絞って,カラカラにするのが先!」という意見には共感できます。
だれもわかってはいることでしょうけど....

今の日本の行政は,ぬれた雑巾ですか? 片山先生...(笑)

とりあえず衆議院の総選挙があるまでは,与党は自民党なんですから,
自民党の打ち出す税制改正が一番気になるところですが,
民主党にも頑張ってもらわなくては困ります。

ただ,ただの政権争いの道具に税制を使うのは勘弁です。

建設的な意見の交換をお願いしたいものです。


またまた余談ですが....
55年体制と言われた時代,
当時あった日本民主党と自由党が統一し、自由民主党が結党し、第一政党となり,
社会党が,自民党の半分の議員数になり,1と1/2政党制なんて揶揄されていましたが,
当時の自民党の党首は,鳩山一郎.民主党鳩山由起夫議員の祖父です。

時代と共に,その自民党から,小沢議員・羽田議員が抜け,鳩山由起夫議員が抜け...

紆余曲折を経て,
自民党田中派の急先鋒だった小沢議員が自由党を....
鳩山由紀夫議員は,民主党を.....

2つが合併して,民主党????結局,自由民主党やないか...


基本的に2大政党制には賛成なのですが
最近,自民党も民主党もイマイチ特色がつかめません.
保守 革新 ???
左 ? 右 ??  わからないのは私だけでしょうか???

労働組合も,社会党の衰退と共に,いつのまにやら民主党支持になってますし...

いろんなことが激動する時代になってきたということんあおでしょうけど...
これを面白いと捉えるのか,苦しい時代と捉えるのかは,
流れをつかんで潮流にのれる技量を付けらるかということになるのでしょうか.

結局のところ,自己責任の時代ですね(汗)


国際税務@


思いっきり久々に税務の話。

昨今,中小企業でも国際税務...が問題になることがあります。

国際税務ってなに???

というと,
外国の会社との取引やら,海外出張やら,
国際化のあおりで,中小企業とはいえ,子会社が海外にあるやら,
そういった国外との取引に伴う税金のお話ということになります。

ほんとに最近では,輸入,輸出をはじめ,
海外出張なんて珍しくなくなりました。

ただ,では,それに伴う会計処理や税務まで理解しているかというと,
経営者や経理担当者はもとより,
会計事務所でさえもあやふや...ということはザラにあるようです。

かくいう私も,国際税務に関しては,全くの素人ですが,
新しいクライアントの中に,中国に関係会社がある法人様がいらっしゃいまして,
これから勉強しなくてはというところです。

PWCやトーマツあたりに,国際税務に詳しい知り合い出来ないかなぁ...(ボソッ)
というのは冗談で...

現在のところ,検討課題になりそうなの事項は,
@消費税
A源泉所得税
B移転価格
Cタックスヘイブン といったところです。

もうご存じの方も多いと思いますが,
中国が,2008年1月より,企業所得税の税率を25%に引き下げました。
企業所得税は,日本でいう法人税のことです。

余談ですが,
国際的には,法人税は下げの方向で推移しています。
海外からの直接投資の獲得と,国内法人の流出を押さえるためです。
国際競争力の強化というべきでしょうか...

日本も法人税を下げるべく検討はしているようですが,
今のところ国際的にも遅れをとっているようです。

税収不足を理由に,放置しておいて良い問題とは思えませんが,
ここ数年の間にはいくぶんか下がることでしょう。

日本のマスメディアのことですから,
法人税を下げるというと,
企業優遇だとか,個人いじめだとかいう文句で,
おかしな方向へ民意を煽るのでしょうね...

暫定税率の時もそうでしたが,目先の利益が優先されるような
メディアの煽動には目を背けたくなります。

そもそも十分な説明責任と,税金の無駄遣いをやめない政治家と
政府が悪いのはわかっているのですが,民放をはじめとするメディアのあり方は
どうも納得できないことが多いです...

どうせ煽動するなら,政治と行政にもっと興味を持つ国民になるように煽動してもらえないかと思うのですが...
ちゃらちゃらしたように見えるアメリカでさえ(アメリカ批判ではないですのでご容赦を),
政治には比較的興味を示す国民性だそうです。
日本も大統領制にして,直接選挙にしたらいいのでしょうか????

話がそれましたので,元に戻すと,
中国が,2008年1月より,企業所得税の税率を25%に引き下げたことで,
外国での法人税が25パーセント以下になり,
日本の法人税の規定では,タックスヘイブン地域になってしまします。

もちろん中国以外でも25パーセント以下の地域は,タックスヘイブンということです....

いままでタックスヘイブンなんて関係ないと思っていた国が,
知らん間にタックスヘイブンになっいた!なんてことが起こり得ます。

国外に子会社や関係会社がある方は要注意です!

今まで通り,申告していて税務調査で指摘された!
では,ちょっとしゃれにならないことになります。
事前確認と,申告の対策はしっかり立てましょう!!

〜国際税務Aへ つづく〜

確定申告が終わりました!


経営者のみなさま,個人事業者のみなさま,
そのほか確定申告が必要だったみなさま。
そして,税理士関係のお仕事をしているみなさま。

お疲れ様でございました!!

今年も無事に確定申告を終えることが出来ました.
ご協力ありがとうございました。

今年は,曜日の関係で,3/17(月)が期限でしたが,
ぎりぎりまで1件残ってしまい,郵便局まで走ることになりました。

資料がそろうのが遅れると,こういったことになります。
間に合って良かったのですが,来年は最低1日2日前に終えるように,
がんばります。

今週は,明日の木曜が祝日ですので,ちょっと気が楽です。

リフレッシュして来週からまた,普段通りに戻りたいと思います。

さて,来週は,遅れていた確定申告書類と経営分析書類をもって,
クライアント周りがはじまります。

気を引き締めて,今後の財務,経営のお話をしてきたいと思います。

個人事業,零細,中小企業の経営者を,
しっかりサポート出来るようになるために,これからも頑張ります!!


人気ブログランキングへ

リース会計基準改正です


ちょっと専門的?になりますが、
来月4月1日以降に締結するリース契約に伴う会計処理基準が変わります。

今まで、賃貸借契約と同様に、支払ったリース料を支払った時に、
費用に出来ていた処理が、原則、売買処理。
すなわち一旦資産計上が必要になります。

改正にあわせて、もちろん税金の処理にも影響します。
大企業は前倒し適用も可能なので、すでに新基準の適用をしているところも多いですし、原則処理が強制なので4月からは全大企業は新基準で処理しなければなりません。

中小企業は、会計処理自体は適用除外の特例がありますので、
影響はないと思っている経営者の方も多いようですが・・・

一点だけご注意をお願いしたい点があります。
それは、消費税の処理です。

免税事業者や、簡易課税を選択されている事業者の方は、
直接影響はありませんが、消費税の計算を原則計算されている方は、
要注意です。

簡単にいいますと、(平成20年3月現在)
ファイナンスリース契約は、
リース契約時に原則売買処理になりますので、所得税や法人税では、
売買処理と規定されます。
ただし、会計処理を割賦払いで処理(今までの賃貸借処理)している場合は、支払った時に支払った分だけ費用でもOKです、という特例が法律の下位のお知らせ?みたなもので設けられています。
なので、所得税法人税では今までどおりで大丈夫!となります。

一方、消費税法では、所得税等の処理に準じると規定されていますので、お知らせ?のランクのものの影響は受けれません。

したがって、原則売買処理に基づいて処理しなければなりません。
契約時に全額課税仕入れ・・・支払ったときは消費税対象外の費用。
となり、所得税などの処理と消費税の税区分を一緒に仕訳している場合はややこしいことになってしまいます。

ちょっと簡単にお知らせしたいと思い書いた記事ですが、
分かりににくい文章になってしまいました・・・・

詳しくお知りになりたい方は、
顧問税理士さんまたは、お近くの税理士さんまで!


確定申告期限迫る!


今年の確定申告は、もう済ませましたか?
期限は今年は月曜の3月17日です。

郵便局の消印有効ですので、かならず17日には提出してくださいね。

必要のある人は・・・ですがわーい(嬉しい顔)

私の仕事もやっと峠を越え、確定申告はのこすところあと1件です。

今年も無事に乗りこれたのでほっとしています。

月曜に資料が届き次第、残り一件完成させて、
郵便局に走りますダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

今年の注意点は、やはり住宅ローン控除の住民税からの控除申請でしょうか?
適用できるかたはお忘れなく!!
詳しくは、顧問の税理士さんもしくは、お近くの税理士さんまでphone to

超税理士倶楽部 たすけ として執筆中。 超税理士倶楽部ブログはこちら http://ameblo.jp/rainmakerdadao/ 人気ブログ応援お願いします  ブログ村 経営ブログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。